当社は、鮮度の維持と加工を行いながら輸送を行うと言った合理的な物流システムを構築し、Wi-Free(鮮度維持電圧装置)による鮮度維持過冷却輸送並びに鮮度維持電圧加工冷凍輸送を実施する事で、物流の変革に貢献していきます。

これまで鮮度が重要な食品等は、航空便やトラックでしか運べませんでしたが、Wi-Free(鮮度維持電圧装置)を使うことで、鮮度維持過冷却輸送(短時間)や鮮度維持電圧加工冷凍輸送(長時間)によって、船や鉄道貨物による長時間の輸送が可能になります。

更には、Wi-Free(鮮度維持電圧装置)の応用によって、新たな輸送設備と加工設備及びに保管施設が完成します。

当社は、Wi-Free(鮮度維持電圧装置)を通じて海上貨物輸送/鉄道貨物輸送へのモーダルシフト等を促進させることによって、様々なロスをなくし社会問題解決の一端を担う企業になることを目指します。

  1. 輸送コストの低減
  2. CO2の排出量の削減
  3. 食品ロスの削減
  4. トラックドライバー不足の解消
  5. リードタイムに伴う労働時間のロスを解消
  6. その他のロスを解消

また、ベトナム・ハイフォン港を拠点としたASEANのハブ港構想を念頭に置き、ASEAN各国へWi-Free(鮮度維持電圧装置)を普及することで、食品の品質を上げて物流に変革をもたらし、ASESANを中心に世界を結ぶコールドチェーンの確立を目指します。